“夕飯後”の読み方と例文
読み方割合
ゆうめしご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夕飯後、ランプがついて戸がしまると、深い深い地のにでも落ちた様で、川音がます/\耳について寂しい。宿からの餅を一盂くれた。今宵中秋十五夜であった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
新吉は女から一ばかり離れて夕飯後の腹こなしに公園を一廻りしている人のようなをして歩いた。七八人の人の群がむこうから来たので女の姿はちょとその陰になった。
女の首 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
食堂へ入る前の彼女はいまだかつて夫の事を念頭においていなかったので、お延に云わせると、こういう不可抗な心の作用は、すべて夕飯後に起った新らしい経験にほかならなかった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)