“地行:じぎょう” の例文
“地行:じぎょう”を含む作品の著者(上位)作品数
幸田露伴1
“地行:じぎょう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
塔は何より地行じぎょうが大事、空風火水の四ツを受ける地盤の固めをあれにさせれば、火の玉鋭次が根性だけでも不動が台座の岩より堅く基礎いしずえしかとえさすると諸肌もろはだぬいでしてくるるは必定ひつじょう
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)