“圧板”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おしいた100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“圧板”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ある物は乾燥紙の上に半ば乾き、ある物は圧板おしいたの下に露を吐き、あるいは台紙に、紫、あか、緑、かば橙色だいだいいろ名残なごりとどめて、日あたりに並んだり。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)