“土下坐”の読み方と例文
読み方割合
どげざ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
土下坐して待つ領民の背に、白い霜が立つように思われた。あちこちで咳声もする。騎馬の城士はなお再三
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
土下坐をしたというわけでもないが、やっぱり坐っていたんだよ。」
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
如才ない政治家だの民衆の鼻息ばかりっている大臣などは、いつの世でも民衆は見ていたくない。民衆の本能は、高い廟堂にたいして、やはり土下坐し、礼拝し、歓呼して仰ぎたいものである。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)