“下坐”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
げざ66.7%
しもざ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、本丸の出口までかかると、駒つなぎのわきに、一名の異様なる姿の武者が、下坐していた。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
下坐
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
下坐について、母を拝す秀吉の姿は、さながらこの老母がいまもって口癖にいう「あの子」そのものであった。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)