“四川省”の読み方と例文
読み方割合
しせんしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
南方の沿海、江蘇方面から、安徽浙江におよび、江岸の荊州(湖南、湖北)より、さらにさかのぼって益州四川省)にまでちらかった。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
支那四川省の奥で修業をしたと云うんだ。気合をかけるとがとまるよ、仰向いて胸をらして力を入れると、肋骨がばらばらになるそうだ。
仙術修業 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
巴蜀。すなわち四川省
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)