“嘉興”の読み方と例文
読み方割合
かこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
嘉興の地方へ米を売りに行って、薄暗いときに黄泥溝を通ると、なにしろそこは泥ぶかいので、わたしは水牛を雇って、それに乗って行くことにしました。
嘉興羅愛愛という娼婦があったが、容貌も美しければ、歌舞音曲の芸能も優れ、詩詞はもっとも得意とするところで、その佳篇麗什は、四方に伝播せられたので
愛卿伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
乾隆六年、嘉興の知府を勤める楊景震が罪をえて軍台に謫戍の身となった。彼は古北の城楼に登ると、楼上に一つのあかがねのがあって、厳重に封鎖してある。