“喪車”の読み方と例文
読み方割合
もしゃ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
予の坐像を乗せた喪車には、座壇の前に一の燈明をとぼし、米七粒、水すこしをにふくませ、また氈車の内に安置して汝ら、左右を護り、歩々粛々、通るならば、たとえ千里を還るも
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)