“喜六”の読み方と例文
読み方割合
きろく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其の渡邊織江が同年の三月五日に一人の娘を連れて、喜六という老僕に供をさせて、飛鳥山へまいりました。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
辰盛は通称を他人といって、後小三郎と改め、また喜六と改めた。道陸剃髪してからの称である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「えッ、その、その通りですよ、親分。いつも差したり差されたりするのが、昨夜は最初から御家人喜六の言い出しで盃のやり取りなし、うんと食って飲もうということにしたようでした」