“喉吻”の読み方と例文
読み方割合
こうふん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
喉吻潤い、二椀孤悶を破る。三椀枯腸をさぐる。う文字五千巻有り。四椀軽汗を発す。平生不平の事ことごとく毛孔に向かって散ず。五椀肌骨清し。六椀仙霊に通ず。
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)