“善郷”の読み方と例文
読み方割合
よしさと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
瑞仙善郷は自ら京都に入らむと欲して、先づ養子祐二を弟玄俊信郷車屋町の家に遣つたのである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
錦橋初代瑞仙は小字を幾之助と云つた。名は善郷、一の名は独美善卿、錦橋は其号、瑞仙は其通称であつた。わたくしはに錦橋が公文に字善卿を書したのを怪んだ。京水はこれを辨じてゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)