“善海子”の読み方と例文
読み方割合
ぜんかいす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
和尚さんは庫裡から本堂への通り路に、美しく敷き詰めたの兩側へ、をとるやうにして植ゑてある石竹の花の麗はしく咲いたのを見やりつゝ、石像の如くに蹲つてゐたが、「善海子ツ。」と
石川五右衛門の生立 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)