“善寺丸”の読み方と例文
読み方割合
ぜんじまる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
秋になると善寺丸の甘い実が枝をたわめ、庄次郎、八十三郎の兄弟が、歯のえだした幼少のころから、今もなお、秋になれば、舌つづみを打たせてくれる柿である。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)