“商人魂”の読み方と例文
読み方割合
あきんどだましい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は、その商隊の宰領格で、奥州栗原郷の吉次という者だった。四十を越えたぐらいな年配で、逞しい商人魂の持主であった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「今仰っしゃったように、余りに金の事や、俗気から離れますと、菩提心とやらに襲われまして、せっかく持前のあく気が、なくなり過ぎますんで。——それがなくなると、商人魂が弱まりますよ」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)