“宰領格”の読み方と例文
読み方割合
さいりょうかく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は、その商隊の宰領格で、奥州栗原郷の吉次という者だった。四十を越えたぐらいな年配で、逞しい商人魂の持主であった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
身長九尺六寸といわれる長人孔子の半分位しかない短矮愚直者子羔。年齢から云っても貫禄から云っても、もちろん子路が彼等の宰領格である。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
残る穴埋め係の中から、宰領格結城左京が進み出て
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)