“吾妻村”の読み方と例文
読み方割合
あずまむら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
姉夫婦とその娘とは木曾福島から、おじたちはとなり村の吾妻村からというふうに、親戚や古い知り人は郷里の神坂村へと集まって来ていました。
力餅 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
痛くて痛くてたまらぬ時、十四、五年前に見た吾妻村あたりの植木屋の石竹畠を思ひ出して見た。(五月十七日)
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
その帰参のかなうまで、当時妻籠の方に家を借りて、そこから吾妻村小学校へ教えにっているというのも弓夫だ。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)