“吹鳴”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すいめい50.0%
ふきなら50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“吹鳴”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
吹鳴すいめいの合図を果しながら、なおその中に秋霜しゅうそうの陣気がなければならない。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
円タクが喇叭を吹鳴ふきならしている路端みちばたに立って、長い議論もしていられないので、翁とわたくしとは丁度三四人の女給が客らしい男と連立ち、向側の鮓屋に入ったのを見て、そのあとにつづいて暖簾をくぐった。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)