“吏務”の読み方と例文
読み方割合
りむ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お譲り下さるなどと、あまりに望外過ぎて、ご返辞にうろたえます。——それがしは元来、武弁、州の吏務をつかさどるなどということは、本来の才ではありません。まあ、まあ
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その私的行動が、忠誠であり、孝道にかなうからといって、公法を無視しようとする意見は、又私論と云わなければならない。孝子がをなした場合も、涙をもって刑するのが吏務であろう。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
わけて権をもつ吏務の面にしばしば、耳づらいことを聞く。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)