“合羽橋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かっぱばし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“合羽橋”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 彫刻 > 彫刻史 各国の彫刻2.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
合羽橋かっぱばしまで来ると小倉はじゃけんに……すくなくも田代にはそう感じられた……いった。
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
火事は合羽橋かっぱばしの停留所を過ぎて二三町行った清島町きよしまちょうの裏通りにあった。
一寸法師 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)