“合羽阪”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かっぱざか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“合羽阪”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いち合羽阪かっぱざかを上った薬王寺前町やくおうじまえちょうの通に開業している医者が、応急の手当をしてくれた上に、自動車まで頼んでくれたので、君江は雨の夜もいつかあかるくなりかけた頃、本村町ほんむらちょうの貸間へ帰って来た。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)