“合羽坂”の読み方と例文
読み方割合
かっぱざか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その後天明二年に至って尾州侯にせられその上屋舗内なる市ヶ谷合羽坂に住宅を賜った。竹渓が遷館三所といった所以である。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
その帯の持主は、市ヶ谷合羽坂下の酒屋の裏に住んでいるおみよという美しい娘で、おみよは何者にか絞め殺されているのであった。そう判ると、又その評判が大きくなった。
半七捕物帳:08 帯取りの池 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
余は元治元年二月二十八日をて江戸市ヶ谷合羽坂尾州分邸に生れたり。
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)