“合羽坂”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かっぱざか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“合羽坂”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その帯の持主は、市ヶ谷合羽坂かっぱざか下の酒屋の裏に住んでいるおみよという美しい娘で、おみよは何者にか絞め殺されているのであった。
半七捕物帳:08 帯取りの池 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
余は元治元年二月二十八日をもって江戸市ヶ谷いちがや合羽坂かっぱざか尾州びしゅう分邸に生れたり。
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)