“受流”の読み方と例文
読み方割合
うけなが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三五郎は心得たりと受流し暫時が程は戰ひしが如何で重四郎に敵するを得んや追々太刀筋四度路になる所を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
が、此妄想から、私の頭腦に描かれて居る菊池君が、やら、アノ鬚で、權力の壓迫を春風と共に受流すと云つた樣な、氣概があつて、義に堅い、豪傑肌の、支那的色彩を帶びて現れた。
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
「武士だからな。」大隅君は軽く受流した。「それだから、僕だって、わざわざ北京から出かけて来たんだ。そうでもなくっちゃあ、——」言うことが大きい。「何しろ名誉の家だからな。」
佳日 (新字新仮名) / 太宰治(著)