“参加”の読み方と例文
旧字:參加
読み方割合
さんか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
応援として若ざむらい百二十人をそえ、示威どうどうとして、足柄裏街道から甲州路をぬけて、武州御岳参加することになった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは規則全級の三分の一以上参加するようになってるからだそうだ。けれども学校へ十九円めるのだしあと五円もかかるそうだから。
或る農学生の日誌 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
豊臣家代表者として、御岳の兵法大講会に参加するがくだって、可児、井上、真田の三大坂表発足したのは、その翌々日のことだった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)