“博引旁証”の読み方と例文
読み方割合
はくいんぼうしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
全く自ら筆を操る事が出来なくなってからの口授作にも少しも意気消沈した痕が見えないで相変らずの博引旁証をして気焔を揚げておる。
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)