“南極”の読み方と例文
読み方割合
なんきょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「これは、だな。そうだ、南極からきた冷凍肉だ。人間とおなじく、ちゃんをかわいがる哺乳動物なんだ。」
太陽と星の下 (新字新仮名) / 小川未明(著)
今日南極の氷山や雪原の中に沢山の大きなペンギン鳥の集団がある。その生態は大抵の動物学者もよくは知らないが、それをカメラが追求して実写したのである。
親は眺めて考えている (新字新仮名) / 金森徳次郎(著)
オーロラの怪光北極、ペンギンのいる南極、そこは、ふだん人間ない。
台風の子 (新字新仮名) / 小川未明(著)