“半元服”の読み方と例文
読み方割合
はんげんぷく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
絆纏のほか羽織なぞは着ず伝法なる好みにて中には半元服の凄き手取りもありと聞きしが今は鼻唄の代りに唱歌唄ふ田舎の女多くなりて唯わけもなく勤めすますを
葡萄棚 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
地味な銘仙、赤いものを嫌つた半元服。全く非凡といふ外はありません。
地味な銘仙、赤いものを嫌った半元服。全く非凡という外はありません。