“北伐”の読み方と例文
読み方割合
ほくばつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひいて因杅将軍公孫敖は騎一万歩三万をもって雁門を、游撃将軍韓説は歩三万をもって五原を、それぞれ進発する。近来にない大北伐である。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
「ここには、亡き馬超がある。いまわが蜀軍の北伐に遭うて、地下白骨の自己を嘆じ、なつかしくも思っているだろう。祭をんでやるがよい」
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
曹軍の北伐にあたって、戦乱の地から移ってきた知人のはなしに、曹操は河北の平定後、漳河のほとりに楼台を築いて、これを銅雀台と名づけ、造営落工までの費え千余日
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)