“勝峯晉風”の読み方と例文
読み方割合
かつみねしんぷう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勝峯晉風氏の教へによれば、俳書の装幀も芭蕉以前は華美を好んだのにも関らず、芭蕉以後は簡素の中にびを尊んだと云ふことである。
芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
八九間雨柳」といふ士朗の編んだ俳書などは勝峯晉風氏の文庫と天下に二冊しかなかつたやうに記憶してゐるが、それも今は一冊になつてしまつただ。
そこへ勝峯晉風氏をも知るやうになり、七部集などもきたれば、の如しと言はざるべからず。今日は唯一游亭魚眠洞等に俳諧を愛するのみ。俳壇のことなどはとんと知らず。
わが俳諧修業 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)