“勘文”の読み方と例文
読み方割合
かんもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
京都府北桑田郡周山村の八幡宮の縁起に、康平年中に源義家が反臣安倍貞任を誅し、屍体を卜部勘文により四つに斬って四ヶ所に埋めたが
屍体と民俗 (新字新仮名) / 中山太郎(著)
ちにして消え去った後は白雲に化したと申します。そのとき安部殿(在貞)などのられた勘文では、これは飢荒、疾疫群死、兵火起、あるいは人民流散、流血積骨の凶兆であった趣でございます。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
ちにして消え去つた後は白雲に化したと申します。そのとき安部殿(在貞)などのられた勘文では、これは飢荒、疾疫群死、兵火起、あるひは人民流散、流血積骨の凶兆であつた趣でございます。
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)