“励精”の読み方と例文
読み方割合
れいせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一、第二期は浅学なる者、懶惰なる者、なほ能くこれを修むべし。第三期は励精なる者、篤学なる者に非れば入る能はず。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
この競争劇甚の世に道楽なんどとてんでその存在の権利を承認しないほど家業に励精な人でも少し注意されれば肯定しない訳に行かなくなるでしょう。
現代日本の開化 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
昨日お着きで、さぞお疲れで、それでもう授業をお始めで、大分ご励精で、——とのべつに弁じたのは愛嬌のあるおさんだ。画学の教師は全く芸人風だ。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)