“凡愚”の読み方と例文
読み方割合
ぼんぐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
などと、昔ながらの子供に思えて、遠くから、明け暮れ取りこし苦労をしていることは、およそ剣聖と名人の父子も、凡愚と俗才の父子も、その煩悩さにおいては何のかわりもない。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まして、越前自身も、凡愚放埒な前身もあった身として。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、凡愚の子のりもなく訴えた。
剣の四君子:04 高橋泥舟 (新字新仮名) / 吉川英治(著)