“具平親王”の読み方と例文
読み方割合
ともひらしんのう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
村上天皇の第七子具平親王世皇孫である俊寛が、南蛮の女とるなどは、何事であろうと考えた。彼は、が流人になったため、心までが畜生道に陥ちたのではないかと嘆き悲しんだ。
俊寛 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
宝永中に印行せられた具平親王の『弘決外典抄』の数種を存するに過ぎない。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
村上天皇皇子中務卿具平親王
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)