“二品親王”の読み方と例文
読み方割合
にほんしんのう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
梶井ノ二品親王(光厳の弟)までも、みなお一つにここへ難をのがれ、むかし平家一門が栄えたあとの法領寺殿池殿、北御所などに御簾を分けておられたのである。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この宮——ただしくいえば大塔ノ宮二品親王は——かくてその随身、光林坊玄尊、赤松律師則祐木寺相模、岡本ノ三河坊、村上彦四郎、片岡八郎、平賀三郎、矢田彦七らと共に
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
黒煙のちまたを六波羅へと移しまいらせ、つづいては、院、法皇、東宮、みきさき、女房たちから梶井の二品親王までの——持明院統のかたがたすべても——りくぞくとして六波羅へ避難してきた。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)