“値売”の読み方と例文
読み方割合
ねうり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて赤坂の方はこの辺もと/\成金紳士の妾宅には持つてこいといふ場所なれば買つた上でいやになればかへつて値売も有之候周旋屋の申条に御座候。
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
縫「これで先方じゃア少し値売をしたいように申して居りますが、此の書付でと申すので」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
山「我々には分らんが、売る当人は中々大した金をかけたのだろう、だが火急の事に相成って値売をしている訳にはいかんから、あなたの目利き次第で価値が有れば、一杯に買って貰いたい」