“値嘉島”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちかしま50.0%
ちかのしま50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太宰少弐(広嗣)この世にれられず、謬て賊名をとりきといへども、たちどころに軍卒一万余を嘯集せるがごとき、敗れて値嘉島より船出したるがごとき、その胆略計るべからざるものあり。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
町の一端に岩栗神社あり、孝元天皇第四の皇子を奉祀す。天平のむかし藤原広嗣一万余騎の兵を嘯集し、朝命にき、筑前、板櫃川に拠る、後やぶれて、松浦郡なる値嘉島に捕へらる。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)