“俊恵”の読み方と例文
読み方割合
しゅんえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
定家の近親はみな歌よみであった。父俊成のところへは、俊恵や西行や源三位頼政が出入した。その中で定家は早くから文学の才をあらわした。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
神風や玉串の葉をとりかざし内外の宮に君をこそ祈れ (俊恵
歌よみに与ふる書 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
西行や歌林苑の俊恵と心を通わしていた六十歳以前の頃に比べて、決して安静はめぐまれていなかったといってよい。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)