“余戯”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よぎ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“余戯”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その自分がこれらの余戯よぎふけながら、とにかく卒業する事の出来たのは、一に同大学諸教授の雅量に負う所が少くない。
羅生門の後に (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)