“何后”の読み方と例文
読み方割合
かこう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「すわ、大変」と、狼狽して、張譲ちょうじょうを始め、おのおの生きた心地もなく、内宮へ逃げこんで、窮余の一策とばかり、何進の妹にして皇后の位置にある何后かこう裙下くんかにひざまずいて、百拝、憐愍れんびんを乞うた。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして皇后となってからは何后かこうといわれている。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何后かこう、何進の一族は、
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)