“人怪”の読み方と例文
読み方割合
じんかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この、世界犯罪史上にもほかに類のない兇悪不可思議な人怪——彼を取り巻く闇黒の恐怖と戦慄すべき神秘、それらはもう、いまとなっては闡明のしようがないのだ。
女肉を料理する男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)