“京出”の読み方と例文
読み方割合
きょうで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここの板看板に本阿弥門流としてあったので、京出研師に違いないと思うと同時に、恐らく本阿弥家の職方長屋の一門下であろうとも考えられ
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)