“職方”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しょくかた100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“職方”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
政「ハイ/\只今手元に有合せた金子は有りません、みん職方しょくかたへ渡しまして、手元には漸く四五十両しかございませんから、何うか是で御勘弁を願います」
刀の手入れも手入れであるが、実をいえば、ここの板看板に本阿弥ほんあみ門流としてあったので、京出きょうで研師とぎしに違いないと思うと同時に、恐らく本阿弥家の職方しょくかた長屋の一門下であろうとも考えられ
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)