“五色墨”の読み方と例文
読み方割合
ごしきずみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
去来丈草もその人にあらざりき。其角嵐雪もその人にあらざりき。五色墨の徒もとよりこれを知らず。新虚栗の時何者をかまんとして得るところあらず。
俳人蕪村 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
其角嵐雪もその人にあらざりき。『五色墨』の固よりこれを知らず。『新虚栗』の時何者をかまんとして得る所あらず。芭蕉死後百年にんとして始めて蕪村は現れたり。
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
漸く『七部集』(殊に「猿蓑」)に眼を開き、始めて元禄の貴ぶべきを知れり。その後あるいは『五色墨』に擬し、あるいは文化、文政に摸する所ありしが、に蕪村に帰著す。
俳句の初歩 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)