“五種”の読み方と例文
読み方割合
いついろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何でも四文とのみ込んで差出たがる親仁なんで、まめだって申上げたものですから、仕事はなし、新聞は五種も見ていらっしゃる沢井の奥様。
政談十二社 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「はアい」いいにしてそこへ立つと、中には女の一人客、五種六種の料理を取ってキチンと静かにいでいる。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
八百屋の店には、朝市へ買出しに行つた車がまだ帰つて来ないので、昨日の売残りが四種五種列べてあるに過ぎなかつたが、然しお定は、其前に立つと、妙な心地になつた。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)