“乗手”の読み方と例文
旧字:乘手
読み方割合
のりて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
余程しっかりした自信、力のある乗手であるうえに、風ととをよく知っている者でなくてはならなかった。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
山沿ひの道を乗手もなく行く
山羊の歌 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
若い乗手を見上ぐれば
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)