“中盆”の読み方と例文
読み方割合
なかぼん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こいつ一人を袋だたきにして、海の中へたたき込むには、何の雑作もないと思ったから、多少、事を分けるはずの貸元も、中盆も、気が荒くなって
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
中盆壺振りとを兼ねているのは、若い女である。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
暫くしている間に、最初にしたりをして出た半黒人も、まんざらでもない心持の純素人も、グルグルとグループの中へ捲き込まれてしまうと、中盆が得意になって
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)