“不穿鑿”の読み方と例文
読み方割合
ふせんさく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正当なる歴史を標榜する史籍さえ往々不穿鑿なる史実を伝えて毫も怪しまない時代であるから、ましてや稗官野乗がいい加減な出鱈目を列べるのも少しも不思議はない。
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
色が黒いゆえにクリというかとの考えは、古人の不穿鑿に誤られた説である。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
召捕拷問に及びし事夫は本田家作法なるや政事は大小有とも法は天下の法なり人のは天下の道なり道と法とは私しにますべからず然るに其の方の如きが裁許不穿鑿は云までもなく法外の裁斷と申すべし其の方も領主の公事決斷
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)