“不文”の読み方と例文
読み方割合
ふぶん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この輩が不文野蛮と称して常に愍笑する所の封建時代にありても、決して許されざりし不品行を今日に犯し、としてずるを知らざるものなきにあらず。
日本男子論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
それが、日本の長いあいだの慣例であり、不文であった。また「公方」という名をもって、主権が行使され、「大君」という名目をもって、対外主権が行使されていた。
るほど世界は鬼ばかりでない、れまで外国政府の仕振を見れば、日本の弱身に付込み日本人の不文殺伐なるに乗じて無理難題を仕掛けて真実て居たが
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)