“不恤緯”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふじゅっい50.0%
ふじゅつい50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“不恤緯”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかして、その計画は既に成りたりといえども、一金額の乏しきを憂うる而已のみとの言にのうは大いに感奮する所あり、如何いかにもして、幾分のきん調ととのえ、彼らの意志を貫徹せしめんと、即ち不恤緯ふじゅつい会社を設立するを名とし、相模さがみ地方に遊説し、漸く少数の金を調えたり。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)