“不及”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
およばず66.7%
およばざ11.1%
ふきふ11.1%
ふきゅう11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“不及”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 倫理学・道徳 > 人生訓・教訓6.2%
芸術・美術 > 演劇 > 演劇史 各国の演劇1.6%
歴史 > 日本史 > 日本史1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
就ては該場現今之光栄は申すに不及およばず、後代之面目と相成、大幸不過此これにすぎずと奉存候。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
註に不及およばず作取つくりどりのただ儲け、商売あきないで儲けるだけは、飲むもし、つも可し、買うも可しだが、何がさてそれで済もうか。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
京都に奏上して「政道奏聞に不及およばざ」る祖法を覆えしたこと、同じく各藩論を従前通り無視する代りに在府諸侯に開鎖意見を徴したこと、そして何よりもそれによりて水戸と薩摩以下の雄藩ブロックの形成に資したことなど。
尊攘戦略史 (新字新仮名) / 服部之総(著)
天氣を周するもの、六期を一備となし、地紀を終るもの、五歳を一周と爲す、君火は明を以てし、相火は位を以てす、五と六と相合さうがふして、七百二十氣を一紀となす、凡べて三十歳なり、千四百四十氣、凡べて六十歳なり、而して不及ふきふ太過たいくわこゝに皆あらはる、と云つて居る。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
不及ふきゅう先生の歩術でも習え」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)