“不二家”の読み方と例文
読み方割合
ふじや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「申兼ねるが、不二家のチョコレートを十円丈け明日直ぐ送ってくれ給え」
脱線息子 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
さじの先でかき回しながら一杯の不二家のコーヒーをすするのである。
青衣童女像 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
春の夜や不二家でて千疋屋
寺田先生と銀座 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)